パーマカルチャー   ファミリープログラム2010 参加者募集  始まりました。


by pccj-kidsfamily

二日目です。

[あさごはん]

センターでとれたお野菜や
パーマカルチャーをまなんだ農家さんのお野菜たち
どこでとれたか、どんな思いでつくられたのか
食べるものが「わかる」のってうれしいきもちになるね。
b0131724_1494151.jpg

お料理について詳しくは...PCCJスタッフブログ
第3回キッズ&ファミリープログラムをどうぞ


ごはんをたべたあとのおさらあらい
できることはじぶんでやってみる たいせつなこと。
b0131724_25142.jpg

ボールに水をいれて、アクリルたわしであらいます。
洗剤をつかわずに、水もひつような分だけ。
みんなでつかってよごれた水は、川にながれてゆきます。
野菜中心の食事なので、油よごれはすくないです。
この洗い方だと、おおぜいでもボール2こ分のお水で事が足ります。
洗い水が野菜のゆで汁なこともあります。
洗い水を庭にまくこともあります。
水の段階的利用(カスケード利用)は、
家庭でもかんたんに実践できる洗い方でおすすめです。


[おむすびにぎろう]

みんなでおむすびつくり。
まるいの。おおきいの。
森でみたおおきな葉っぱ、朴葉(ホオノキの葉)でつつみます。
b0131724_2133351.jpg

朴葉は、昔から、おむすびを包んだり
いろいろに利用されてきた葉っぱです。(朴葉寿司、朴葉味噌など)
抗菌作用もあるのです。
森には生活に役立つものがいっぱい。
暮らしに必要なものは、身近なところにある暮らし。
それが自然だったのでしょうね。


[はたけ やさいのしゅうかく]

らっかせいのしゅうかくをしました
「落花生」というとおり、お花が土にもぐって実がなります。
たくさんとったどー。おひるにたべようね。
b0131724_2213468.jpg

おとなはパーマカルチャー農園の案内。
子どもたちは、はたけをたんけん。
ミニトマトをつまみぐい。パクパクあまくておいし。


[にわとりにえさやり]

大きくなってきたニワトリにえさやりをします。
えさは、みんなが食べたごはんの野菜くずです。
b0131724_2313977.jpgb0131724_2312359.jpg



[たんぼ 稲刈り、稲架(はざ)掛け]

みのりの秋です。
b0131724_241208.jpg

田んぼはどろんこでたいへんだけど、
のこぎり鎌はちょっとこわいけど、
ざくっときもちのいい音。
「稲刈りたのし〜」「もうやだ〜」 
いろんな声でにぎわう田んぼでした。
b0131724_239334.jpg

b0131724_245621.jpg

おとなもがんばりました!
b0131724_2455227.jpg

田んぼのなかにはヤゴがいっぱい。ヤゴとりに夢中。b0131724_2473578.jpgb0131724_248936.jpg



[森のめぐみ染め]

稲刈りのあいだに、焚き火でぐつぐつ
森のめぐみ染め
b0131724_2555543.jpg

染液と、灰でつくった液に交互に入れて
布に色を染めてゆきます。

灰は、薪ストーブででた灰です。
灰を定着液として使うと、自然素材なので後の処理もらくです。


ちょっと休憩
ニワトリのたまごうまれたよ。だいじにいただきます。
まだあったかいよ。
b0131724_31670.jpg


[青空ランチ じぶんでにぎったおむすび食べよう]

しゅうかくした らっかせいの塩ゆで
b0131724_334280.jpg

ニワトリのたまご ゆでたまご
b0131724_33467.jpg

焚き火ののこり火で 朴葉味噌
b0131724_354949.jpg


さあ、もうひと仕事。
稲束にして、稲架(はざ)に掛けます。

なかよしさん。
b0131724_3105856.jpg

b0131724_3125217.jpg
稲とどっちが
おおきいかな?

しっかり
つかんではこびます

子どもたちが
協力してはこぶ姿が
ほほえましい
光景でした。



稲架掛け(はざかけ)
竹を山から切り出して組んで、稲束をかけてゆきます。
2週間ほど天日干し。お米は乾いて、甘くなってゆきます。
b0131724_3162354.jpg


[稲の実りをよくみてみよう]
一株に、どのくらいお米がついているか数えてみます。
お茶わん何杯ぶんのお米になったかな?
自分が一年に食べるごはんは、どのくらいになるでしょう。


[ヤゴのかんさつ]

b0131724_3253315.jpg
田んぼに
いっぱいいたヤゴ。
子どもたちが
たくさんみつけた
ボールいっぱいのヤゴ。


シオカラトンボ(と思われます)のヤゴがいっぱいのなか
ヤゴの王様がいました!
ヤンマのヤゴです(ギンヤンマと思われます)
b0131724_3322718.jpg

b0131724_3405166.jpgヤゴは肉食です。
他の生きものを
エサにします。

下あごが、すばやく
ぐわーっとのびて
エサになる生きものを
つかまえます。



ヤゴはトンボの幼虫。
ヤゴは水が大好き。しめった田んぼで冬をすごします。
いいかえれば、
機械化のすすむ大きな田んぼは、冬は乾田なのが常です。
人のつごうのよいような田んぼ。
冬を越せない生きものたちがいるのも事実です。
そうして生きものたちが少なくなっているのが現状の田んぼ。

こうした、冬もしめった田んぼは、
生きものたちにとってもうれしい場所になります。
どろんこ稲刈りはたいへんだけど、
生きものにもやさしい田んぼがいいね。
この田んぼにはホタルの幼虫もいるんですよ。
夏の夜はホタルの光の宴です。

こうしているあいだに
布は茶色に染まりました。
もようは、どんぐりをむすんでつくりました。
染めた布は、
夏のプログラムでつくったガーデンドームを彩る予定です。
b0131724_324213.jpg

森はたくさんのものを私たちに与えてくれます。
ふとすると、
忙しくて便利なもの、お金で買うというようになりがちな
現代のくらし。
自然の恵みをいただきながらの生活は、
ていねいな暮らし。自分で作り出す暮らしでもあります。
人や自然とつながりを感じながら暮らすということは、
とてもぜいたくで、人の心に豊かなものである気がします。


[おやつ ふりかえり]

いっぱいらっかせいをしゅうかくしてくれた子ども。
稲刈りたのし〜とがんばっていた子ども。
どろんこもへっちゃらげんきな子ども。
小さな子どもたちのひとつひとつの活躍が
ほほえましい2日間でした。

パーマカルチャーキッズ&ファミリープログラム
秋のプログラム「森をたんけん」、以上で終了です。

それぞれに、見て、やってみて。
あそびながらのいろんな体験が、
子どもの心のなかでいろんなカケラとなってくれると
うれしいなと思います。


次回は、冬のプログラム。
一年の実りに感謝しながらの、おいしい2日間です。
皆様のご参加をお待ちしています〜。   スタッフ一同

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第4回 11月28日(土)、29日(日) 1泊2日
    冬 「木」はいいなあ
      
    内容:田んぼ「脱穀」/新米を食べよう 餅つき
       藁細工(注連縄つくり)
       冬じたく:薪割り、火起こし、漬け物つくり


[PR]
# by pccj-kidsfamily | 2009-11-01 17:47 | *2009プログラムの報告
パーマカルチャーキッズ&ファミリープログラム
秋 「森」をたんけん
   


秋のプログラムは、
小さな子どもたちが集うプログラムになりました。
みんなのなまえをおぼえるゲームのあとは、
これから行く森でひろってきた
葉っぱで、じゃんけんゲームをしました。

あかいはっぱ、おおきなはっぱ、ぎざぎざしたはっぱ...
いろんな葉っぱがあるんだね。


[森をたんけん]

森をあるこう
葉っぱがたくさんおちているふかふかの道

おおきな葉っぱ ホオノキの葉っぱ
ちくちくのクリのイガ

いろんなおもしろいものがおちてる

これなあに?  クスサンのまゆです。
スースーあみ目のまゆのあと。すずしく夏をすごす知恵なんだって。
b0131724_0433174.jpg

山のてっぺんには
この森のパパママの木が立っていた。

ウラジロカシ
b0131724_0345160.jpg

モミノキ
b0131724_0361722.jpg

パパママの木のまわりをみてみよう

b0131724_0394773.jpg みーつけた
モミノキのあかちゃん

ここにも
あそこにも

ふかふかの葉っぱのおふとん
小さなむしや、しろい菌がある土
土はとってもやわらかい

この土にたねがおちて
あかちゃんの木がそだってゆくよ


パパママの木のまわりには
枯れている木、たおれている木があった
大きい木がそだつと、まわりの木の日当りがわるくなったりして
大きい木にいのちのバトンをわたすんだね。

たおれた木にも、ちっちゃなあかちゃんの木が生えていたよ
b0131724_051385.jpg


森からの帰りみち
ドングリやスギの葉をたくさんひろって帰ります
なににつかうかは、あとでのおたのしみ


[森のたからものであそぼう]

森でみつけてきたものをみてみよう
すてきな森のクラフトができました
b0131724_164998.jpg

※注 あるいた森でみつけたどんぐりは一種類でした 
   用意してあったいろんなどんぐりもみてみることにしました


[ごはん]

おんせんでのんびりしたあとは
おまちかねのごはん
センターでとれたお野菜たっぷりのごはんです


[森のめぐみ染め 染液づくり]

森でたくさんひろってきたドングリとスギの葉っぱ
ボールにたくさんいれたら、お水をひたひたにして
ゆっくりグツグツ煮ていきます
b0131724_1221418.jpg

スギの葉っぱの、すうーっとするいいにおいがしてきます
こい茶色の染液ができました。
あしたがたのしみです

b0131724_18583082.jpg
[えほん 「ちいさな き」]

「ちいさな き」という
えほんをみました。

神沢利子 ぶん
高森登志夫 え

ちいさなかがくのとも
福音館書店


むしと おはなししているの?
ちいさな き あかちゃんの き
ここにも ここにも みぃつけた
おかあさんの きは どこにいるの?

ここよ わたしが おかあさんですよ

わぁ おおきな もみのき
あなたが おかあさんだったのね
          (えほん「ちいさな き」より)



[ゆったりタイム]
[おとなじかん 「レインボーバレーファーム」DVD上映]

"Rainbow Valley Farm" は、
パーマカルチャー農園として最も完成度が高いと評価されています。
このDVDは、パーマカルチャーネットワーク九州(PNQ)の制作したもので、
RVFを通して、パーマカルチャーについてわかりやすく紹介されています。

b0131724_1394834.jpg

私もレインボーバレーファームを訪れました。
その農園の美しさ、JoeとTrishの想いにふれ、
それは素晴らしい体験でした。
Joeは一昨年の2月に帰らぬ人となりました。
そしてこのDVDのナレーションを担当したデジャーデンゆかりさんは
この夏急逝されました。
とてもあたたかなすてきな女性でした。
私たちに、たくさんのメッセージをくれました。
想いをつないでゆけたらと思います。

日本各地のパーマカルチャーに関わる人たちの手によって、
その想いはひろがってゆくはずです。

 RVFのHPです→Rainbow Valley Farm


あとは、おいしいワインを囲んでおしゃべり。
なんとなく「パーマカルチャー」がわかってきた。
そんな感想もきかれた夜でした。


              (二日目につづく)

  
[PR]
# by pccj-kidsfamily | 2009-10-31 21:26 | *2009プログラムの報告

三日目です。
夏のプログラムさいしゅう日です。
今日もいいてんきです。


[モーニングウォーク]

はやくおきた朝。
神社の大きな木のしたで、おおきくせのびする。
きもちのいい朝。

大きく枝をのばした木。葉っぱのみどりキラキラしてる。

太陽の光はどっち?目をとじて感じてみよう。

みんなでセミのぬけがらさがし
ぬけがらのかたちがいろいろあるね。
オスとメスどっちがおおい?
b0131724_22143492.jpg

朝の音に耳をすまそう
鳥のこえは右の方から。
セミのなくこえ木の上から。いっぱい。いっぱい。
ぼくのおと、わたしのおとの地図ができたよ。
b0131724_2283472.jpg

b0131724_17393221.jpg


さあ、あさごはん。


[ニワトリのえさやり]

きょうもニワトリにごはんあげたよ。
b0131724_22203048.jpg


[ガーデンドームづくり]

塩ビ管のはしに電動ドリルであなをあけていきます。
しんちょうに、しっかりと。
子どもたちも機械をつかいます。
b0131724_2222830.jpg

電動ドリルは、べんりなものですが、
使い方をまちがうと、きけんがともないます。
きけんなものは子どもにさせない、ではなく、
使い方をしっかり伝え、大人はみまもります。
b0131724_2228223.jpg

年長の子どもがリーダーになって、子どもたちをまとめます。
b0131724_22315384.jpg

女の子だってがんばります。
b0131724_22345414.jpg

小さな子どもでも、しっかりまわりの子どもたちのやり方をみて学び
じょうずに機械をつかうことができました。

子どもたちひとりひとりのうれしそうで、
キラキラしたえがおが印象的でした。

くみたては大人のでばん。
b0131724_22405863.jpgb0131724_2241399.jpg



[だいこんのたねまき]

春に植えたさつまいも畑は、イノシシにはいられてしまいました...

こんどはだいこんのたねをまきます。
3つぶずつまきました。
b0131724_22431828.jpg

b0131724_22454564.jpg


[のやき かんせい!うえきばち]

b0131724_22515741.jpg
春のプログラムで
つくったうえきばち。

わらをまわりにしいて
のやきします。
ゆっくり
やきあげます。



ガーデンドームかんせいです!やったー!!
b0131724_22571111.jpg


のやきもかんせいです!
b0131724_2259721.jpg

のやきは、縄文時代、大昔からのやきもののやりかたです。
b0131724_230412.jpg

はたけの土をほって、ねんどをこねてうつわをつくって...
しぜんからもらえるものはいっぱいあるね。


[青空ランチ]

メニューは、むしやさいにカレー
b0131724_2354883.jpgb0131724_2345253.jpg


[川あそび]

小さい子どもたちは川原あそび。
大きい子どもたちは川下りのぼうけんコースです。
b0131724_23333418.jpg

b0131724_234144.jpg
でっかいカエル
いたぞ〜。


ごつごつした石。
つめたい山からの水。
キラキラ水しぶき。

貝をみつけたり、
トンボをみたり。

大人をおいこして、
どんどん先にすすむ
子どももいたり。


[おやつ ふりかえり]

いっぱいあそんだあとは冷たいスイカ。
川でげんきいっぱいあそんだこどもたち。
すっかりなかよしになれたようです。

パーマカルチャーキッズ&ファミリープログラム
2泊3日の夏のプログラム、以上で終了です。

年4回のプログラムのなかで、
いちばんもりだくさんの2泊3日の夏のプログラム。

8月ということで、ソーラークッカーばっちりの暑さのなかでしたが
山にいったり、川であそんだり、ものつくりをしたり
もりだくさんのプログラムでした。

いままででいちばん大人数でのプログラムでしたが、
ガーデンドームづくりなど、
みんなで一緒に作り上げることをとおして、
輪が和となり、
「めざせ大家族!」のテーマをかいまみる思いがしました。
子どもたちひとりひとりが、
感想をお話してくれたのもうれしかったです。

ファミリーの枠をこえた
人と人が織り成すあたたかなコミュニティを
日々のなかに感じていたいですね。

b0131724_23482996.jpg



次回は、秋のプログラム。
実りの秋。
いよいよの稲刈り。自然の恵みいっぱいの2日間です。
皆様のご参加をお待ちしています〜。   スタッフ一同

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第3回 10月31日(土)、11月1日(日) 1泊2日 
      秋 「森をたんけん」 
       
   内容:田んぼ「稲刈り」/畑/山歩き/木の実、草の実さがし
[PR]
# by pccj-kidsfamily | 2009-08-13 18:32 | *2009プログラムの報告

二日目です。
もりだくさんの夏のプログラム。
朝、はやおきして出発です。


[源流遡行 げんりゅうそこう 水のはじまり]

水は、どこからくるのだろう。
水は、どこへいくのだろう。

b0131724_18192225.jpg

やまみちは、たいへんだけどがんばった。
さいごは坂がきゅうになったけれど、
足をふんばって、手をしっかりついてあるけた。

たどりついたところは、がけだった。
岩のあいだから、水がでていた。
たきみたいに水が岩をつたってながれてゆく

ここが水のうまれるところ。
水を手ですくってみた。
つめたくてきもちよかった。
ぼくたちは、おいしいお水をのんだ。

b0131724_1823531.jpg

岩から、しみ出す水。
生まれたての水。
だけど、この水はそこで生まれたわけではありません。

ちょろちょろ水は川となり、やがては海となり、
太陽であたためられ、蒸発して雲となり、雨となりまた地上に降り、
山の土のなかにしみ込んで、ゆっくりとふたたび地上に届いた水。
水の旅。ずっと巡り巡ってゆくもの。
水、水蒸気、氷... 水はその姿を変えても、そのものは変わりません。

水の旅の途中で、人間は、水を飲み、利用し、暮らしています。
どんな使い方をするのかが、大切なことなのだと思います。
水はその姿を変えても、そのものは変わりません。
また、巡り巡って、きれいなおいしい水と出会いたいですね。

b0131724_18305739.jpg

「やまのなかで
  みつけたよ」

くりの子ども



あるく足元にはたくさんの落ち葉や枯れ木。
水分をすって、しめっています。
表面の落ち葉をどけると、しろいもの。
においをかいでみると土のにおいがいっぱい。

b0131724_18333651.jpg

これがいい土をつくる、
落ち葉や枯れ木を分解して栄養たっぷりの土にしてくれる
大地の母なるもの。 「放線菌(ほうせんきん)」。
目にみえない小さな微生物、菌のはたらきで
土は次なる生命をささえるものになります。

山から放線菌をもらってきて混ぜてあげるといい堆肥ができます。


[おむすびにぎろう]

たくさんあるいたあとは
「おなかすいた〜」で、朝ごはん。
ごはんをたべたあとは、みんなでお昼のおむすびづくり。

できたおむすびは、朴葉(ホオノキの葉)でつつみます。
おおきな葉っぱで昔から、おむすびを包んだり
いろいろに利用されてきた葉っぱです。
(朴葉寿司、朴葉味噌など)

b0131724_18465666.jpg

朴葉には、いいにおいがして、殺菌作用もあります。
木をつかったり、皮をお薬にしたり...
木々(植物)には、暮らしに役立つものがたくさんあります。
昔の人は、上手に木々を利用しくらしてきました。

サランラップをつかうより、ずっときもちいいね。


[パーマカルチャーのはたけたんけん]
[やさいのしゅうかく]

「パーマカルチャーのはたけのひみつ」ビンゴカードを持って、
はたけのなかをたんけんします。
今日はどんなはっけんがあるかな。

b0131724_1910341.jpg

"くるくる" みーつけた
b0131724_2181456.jpg

食べられる森
パーマカルチャーのはたけでは、
直線的なものはあまりみつかりません。
きゅうりがつるをのばして巻き付くように、
自然の造形(パターン)は、
むだがなく合理的なもののようにも思えます。
そして、そのものが持つ本来の姿がいちばん美しいと感じます。

現在の「農業」といわれる大部分では、
生産性がとれるものが合理的とされ、機械化をし、
そしてその機械が利用できるように整備され、
毎年同じ作業を繰り返していきます。
その世界はおおげさかもしれませんが、土や自然を
「利用する」べきツールとして捉えているようにもみえます。

パーマカルチャーの創設者であるビル・モリソンは言っています。
「世界中をジャングルにしたい」と。
パーマカルチャーのめざすものは、食べられる森をつくること。

b0131724_21251249.jpg

自然のかたちに寄り添う畑。
一年、二年、三年... 季節を重ねて今ある畑では、
トマトをはじめ、数種の野菜たちが、
自然に生えてくるようになっています。
縄文の文化「狩猟採集」。そんなことが畑でも実現できています。
自らの力で活きている野菜たち。
その本来の自然の姿はやはり、美しく、力強さを感じます。


[ニワトリのえさやり]

春にはまだ小さかったヒナたち。
こんなに大きくなりました。
ニワトリのごはんは、
ぼくたちわたしたちのごはんからでたやさいくずです。

b0131724_1951598.jpg


[光あそび]
[ソーラークッカーせっち]

b0131724_21383623.jpg

ソーラークッカーのあきカンをマジックで黒くぬったけど
なんでかな?
虫めがねで、太陽の光をあつめてみよう。
白い紙と黒い紙。
みるみるうちに黒い紙は焼けこげた。
白い紙は、黒い紙より時間がかかる。
黒い色は熱を吸収しやすいんだね。
あつあつ!太陽ってすごいな。

b0131724_22141882.jpg

ソーラークッカーをせっち。
太陽のほうをむけておきます。
あきカンのなかには水をいれて、えだまめをいれておく。
あきカンにペットボトルをかぶせて、熱がにげないようにする。
3時間ほどおいておきます。


[ガーデンドームつくり]

ガーデンドームは、かんたんにできる家づくり。
ドーム構造で、シンプルで強度な構造でもあります。

b0131724_2224397.jpg
今回は
キッズガーデンの
かくれが?になるような
ちいさいガーデンドームつくりにチャレンジ。


大人たちは設計図を片手に、塩ビ管を長さをそろえて切っていきます
塩ビ管のはじっこを火であぶってつぶします。


[青空ランチ]
そのまま農場で、青空ランチ。
朝にぎったおむすびを食べました。

お料理について詳しくは...PCCJスタッフブログ
第2回キッズ&ファミリープログラムのキッチンをどうぞ


b0131724_23382119.jpg

2時間ほどで、えだまめもゆであがりました。
なかのお湯はあつあつです。
ガスをつかうでなく、電気をつかうのでもない
太陽の熱をつかって、お料理ができるソーラークッカー。
他者からえなければならないエネルギー(ガス会社、電力会社)を
つかうのではなく、
自然エネルギーを利用することは、とてもたいせつなことです。


ここで! ソーラークッカーもさえわたる夏のつよいひざし!
作業はひとやすみして、きゅうけいにしました。
子どもたちは、やすんだあとに川あそび。

おんせんにいって、夕ごはんをたべました。


[ナイトウォーク 夜の田んぼへ]

夜の田んぼへ。
夜は、夜の生きものたちの世界。
そおっと、足音がしないようにあるいてみたよ。
耳に手をあてて大きな耳にして、音をきいてみた。

虫の声がきこえたり、ニワトリが枝にとまってねていたり。
シロツメクサやネムノキが葉っぱをとじてねていたり。

田んぼでは、まだホタルの光をみることができました。
自然豊かな田んぼだからこそ、ホタルは生きてゆけます。
ずっと、こんな田んぼであるように。


[キャンプファイヤー]

b0131724_2251113.jpg

源流でくんできた水をわかして、コーヒーを。
火をかこんで、しずかにおはなし。

家族ってなんだ?
子どもにこんなふうにそだってほしい。

参加された親御さんのひと言ひと言が、
こころにしみいるような夜でした。


 (三日目につづく)
[PR]
# by pccj-kidsfamily | 2009-08-12 22:12 | *2009プログラムの報告
パーマカルチャーキッズ&ファミリープログラム
夏 「光と水」であそぼう
   


子どもたちはたのしい夏休み。
夏のプログラムは、
多くのファミリーが集うプログラムになりました。
みんなのなまえをおぼえるゲームでは、
ざぶとんにすわって円になると
いままででいちばんおおきな円になりました。

台風一過の今日ですが、
プログラム中のお天気予報にあわせて
(いちばん太陽があたる時間をよそくして)
プログラム内容のじかんをへんこうしながらすすめます。


[ソーラークッカーつくり]

b0131724_084755.jpg
ファミリーごとに一つの
ソーラークッカーを
つくります。
図面をみて、
ダンボールに線を引き、
切りとって
アルミホイルを貼る。

子どもたちも
カッターをつかいます。
しんちょうな
作業です。


2じかんかけて、かんせいしました!
b0131724_0101269.jpg

b0131724_0112138.jpgできた
ソーラークッカーの
まんなかにおく缶です
くろくぬって、
光をあつめる
(たくわえる)ように
します

この缶に水をいれて
水が
パネルにあつまった
太陽熱で
あたたまると
調理ができます



ソーラークッカーは、
太陽光の熱エネルギーをあつめてできる調理器具。
パネル型、ボックス型、パラボラ型など
ソーラークッカーには多くの種類がありますが、
今回は、おりたたんでもちはこびもかんたんな
パネル型をつくりました。

明日がたのしみです。あした天気になあれ。
b0131724_014377.jpg



ソーラークッカーを切りとったあとの
ダンボールや、
あるものをつかって。

 (子どもたち作)


[おんせん、夕ごはん]
おんせんに行ったあとは、
「おなかすいた〜」のなか、おまちかねの夕ごはん。
野菜たっぷりのメニューです。

センターの農場でとれた野菜や、
知り合いの農家さんからおくってもらった野菜たち。
心のとどく、気持ちのとどくたべものをいただくこと。
たいせつなことだとおもいます。


[ゆっくりじかん]
[こどもじかん 絵本「しずくのぼうけん」]

b0131724_0145918.jpg
バケツの水からとびだしたしずくが、
雨、川、空、そして水道と
ぼうけんをする物語です。

「しずくのぼうけん」
マリア・テルリコフスカ作
福音館書店


明日の朝は、水のはじまりをみに森にいきます。
センターのすぐそばには山からながれてくる川があります。
水道のじゃくちをひねると水がでてきます。

水。どんな物語があるのかな。そうぞうしてみよう。

b0131724_021313.jpg

絵本は、こどもたちのなかのおにいさん、おねえさんが
小さなこどもたちによみきかせもしてくれました。

そうして、夜の9時を少しまわりました。
こどもたちはおやすみなさい...


[ゆっくりじかん]
[おとなじかん パーマカルチャーの講義]

b0131724_0271680.jpgキヨさん
(したらおじさん)による
パーマカルチャーの講義。
スライドをみながら
はなしはすすみます。



いつから生命は誕生したのか?
農業はいつから始まったのか?
「農」と「農業」
人間・文化・自然
水の豊かなところには、豊かな文化がある
自然の声をきくこと
...


したらおじさん独特の語りで
「家族とは?」
そんな話も交えて、夜は更けてゆきました。


(二日目につづく)
[PR]
# by pccj-kidsfamily | 2009-08-11 22:25 | *2009プログラムの報告